ミリアムからの手紙3通目

つむぎ

3通目。
書きたいことが沢山あったのか、やけに分厚い封筒だ。

忍者修行の合間にちょうど良い酒場を見つけて通っているらしい。
場所はユー。
ピザが安くて美味いと力強く書いてある。

そこで知り合った仲間と仕事の依頼を受けて金を稼いでいるらしい。
なるほどねぇ。
口の悪いマスター、裁縫が上手な海賊もどきの男、使用人をこき使いすぎて恨みを買って誘拐された女、
一年中裸足の男、常に何かを燃やしたがっている男・・・
これだけ聞いてもどんな酒場だよと興味がわいてくるよ。

あれ。

ユーの酒場って
俺もたまに行く、スカルキャップのマスターが居て、熊のはく製があるところじゃないかな。

前にあそこでミリアムのことを聞いたけど誰も知らないって言ってたけどな。
どういうことだろう。

そう思いながら次の便せんを見ると、これまた大きな文字で


「ベスパー首長主催の肖像画コンテストに入賞したよ!!!」


と書いてあった。

肖像画コンテストか、聞いたことなかった。

あいつは昔から絵を描くのが好きだったな。
やるなぁ、どんな絵を描いたのか見てみたい。


なるほど、これは大きな手掛かりになりそうだ。


Posted byつむぎ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply